くまはちのWordPressの使い方

WordPressでユーザー名をadminにしてはいけない理由

ユーザーIDをadminにしてはいけない理由

 

WordPressのインストール依頼でよくある依頼がユーザー名にadminを入れてほしいという依頼
くまはちLABではそういった依頼をお断りしています。それは、セキュリティ的に非常に危険な行為であり最悪な場合は、乗っ取りされて好き勝手やられる可能性もあります。

くまはちLAB  が利用しているCPIサーバー  では、利用を緊急停止させられることもあります。
これまで数件乗っ取りされた事例を確認しています。その過半数がユーザー名にadminを使用していたという事実。また、数件が簡単すぎるユーザー名とパスワードを使用していたという事実がありますので乗っ取りされた時にどうなるのかということとそうならないための対策について解説します。

目 次

  

乗っ取りにあった事例

メール通知

乗っ取りに遭うと契約しているサーバーの対応にもよりますが、CPIサーバー  では利用を緊急停止させられることがあります。その場合は、TOPページへのアクセスもできませんし当然ですが管理画面へのアクセスができません。

不正なファイル

多くの場合に不正なプログラムをルートディレクトリに置かれている場合があるのです。
多くの場合は、不正メール送信の踏み台にされています。上記画像の選択されている3つは、WordPressに必要なファイルではありません。これは、お客さんが乗っ取られた時に実際にあった事例をキャプチャーしています。
既に乗っ取りされた場合には、すべてのIDパスワードを変更してFTP  でログインしてファイルの整合性を確認しなければいけません。

  

ユーザー名adminを変更する方法

ユーザーの追加と削除

知らずにadminをユーザー名にしてしまった場合は、新しくユーザーを作成してadminの権限を引継ぎしてadminを削除します。その際に必須でやっておきたいことがあります。

ユーザーID

上記の画像のようにそのままの設定ではユーザーIDが丸わかりなのです。
それを回避しなければいけません。いくつかのテーマでは外観→カスタマイズで投稿者名を表示させない設定ができるものもあります。(Lightning  ,Business Point  ,Simplisity2など)
また、ユーザープロフィールでも設定変更が必要です。

ユーザープロフィール

ユーザー作成しただけではニックネームもユーザー名のままです。画像のように変更してニックネームでの表示に変更してください。
投稿者アーカイブのURLを変更するというのも1つの方法です。これには、「Edit Author Slug  」というプラグインを使うことで投稿者アーカイブのURLのURLを変更できます。

続きを読む

■お知らせ■

YouTubeチャンネル登録お願いします!

アメブロの記事の増加とともにメルマガもスタートします。スタートは、3月の予定なので事前に登録していただけると幸いです。




FacebookだけじゃなくはてなアメブロWordPressもくまはちLABへ